脂質

脂質は五大栄養素の一つです。

たんぱく質は人間の体を構成する皮膚や筋肉、臓器、爪などの主成分

糖質は脳や身体のエネルギー源でした。

それでは脂質はどんな働きをしているのでしょうか。

脂質は、体を動かすエネルギー源として主に使われる他、体の中で神経組織、細胞膜、ホルモンなどを作るのに欠かせない成分と言われています。

主に脂肪酸からできていて、肉の脂身やラードなど(脂肪)や、コーン油や大豆油などに含まれています。

身体をうごかすためのエネルギー源となります、単純に考えて車を動かすガソリンや、オイルのようなものと覚えておけば良いのでしょうか。

しかし、摂り過ぎると脂質の種類により、血中コレステロールを高くしたり、肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病など生活習慣病を招きます。

体の中に入った脂質は、分解され、小腸から吸収された後、いったん肝臓に運ばれます。

その後、エネルギーや細胞膜、ホルモンなどの材料として使われたり、体脂肪として蓄えられたりします。

体脂肪と聞くといかにも悪役のような印象を持ちますが、人間の身体の働きには欠くことのできない栄養素です。

脂質の主成分は脂肪酸と呼ばれています。

一言で脂肪酸と言っても幾つも系統があって、効果や働きが違います。

脂肪酸はまず大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。


飽和脂肪酸:肉類、バター、卵、牛乳などに含まれる動物性脂肪で、悪玉コレステロールを血中に増やす働きがあります。

不飽和脂肪酸:植物油や魚類などには、悪玉コレステロールを減らす働きがあります

だったら、飽和脂肪酸を少なくして不飽和脂肪酸だけ多く摂るようにすればよいかというとそうとも限らないのです。

「動物性脂肪4:植物性脂肪5:魚類の脂肪1」の割合で摂取するのが良いとされています。

摂取量に関しては通常の食事をとっていれば、不足しにくいと考えられていますが、脂質を極端に少なくするようなダイエットなどをすると、足りなくなる可能性があります。

油分を極端にカットしたダイエットをした場合には、腎臓の機能が低下したり、皮膚がカサカサになったりします。

また、摂りすぎると肥満になりやすくなったりまた、動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の原因になってしまいます。

過ぎたるは及ばざるが如し。

ですね。
【五大栄養素の最新記事】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。