ミネラル

五大栄養素について調べてきています。

今回はミネラルについて確認していきましょう。

地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルといいます。

人の体の中では作ることができないものですから、食べ物から摂取するしかありません。

ミネラルは、主に骨格を形成したり、体液の酸度や浸透圧を調整し神経や筋肉などの機能の維持等の働きをします。

人間にとって必要なミネラルの種類はナトリウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム(主要ミネラル)マグネシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素(微量元素)です。

ミネラルは、多く摂りすぎても少なすぎても健康によくありません。

ミネラルで不足しがちなものは カルシウム( 骨粗しょう症)と鉄(貧血)です。

また、摂りすぎてよくないものはナトリウム (高血圧や脳卒中などの生活習慣病)です。

ミネラルを含んでいる食材は下記のものが挙げられます

ナトリウム  :食塩、しょうゆ

マグネシウム :豆類、種実類、海藻類、魚介類

リン     :魚介類、牛乳・乳製品、豆類、肉類

カリウム   :果物、野菜、芋、豆類、干物

カルシウム  :牛乳・乳製品、小魚、海藻類、大豆製品、緑黄色野菜

クロム    :魚介類、肉類、卵、チーズ、穀類、海藻類

マンガン   :穀類、豆類、種実類、小魚、豆類

鉄      :海藻類、貝類、レバー、緑黄色野菜

銅      :レバー、魚介類、種実類、豆類、ココア

亜鉛     :魚介類、肉類、穀類、種実類

セレン    :魚介類、肉類、卵

モリブデン  :豆類、穀類、レバー

ヨウ素    :海藻類、魚介類

ミネラルは、体の中では合成されないので、毎日の食事から摂取するしかありません。

しかし、吸収されにくかったり、他の成分によって吸収を妨げられたりすることがあります。

また、体内に貯蔵できないものも多いのです。

一方、ミネラルの吸収を助ける働きをするものもありカルシウムはビタミンD(肝油、魚、きくらげ、しいたけ )と一緒に、鉄はビタミンC(緑黄色野菜、果物)と一緒に摂ると、吸収率がアップします。

【五大栄養素の最新記事】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。