ビタミンA

ビタミンAはビタミンの中で最初に発見されました。

ビタミンAの効能は古代エジプト時代から知られていたと言われています。

ビタミンAは動物性食品に含まれているレチノールと植物性食品に含まれているカロチンとに分類されています。

レチノールは体内に摂取されるとそのまま効力を発揮しますが、カロチンは一度吸収されてからレチノールに変化しその後で効力を発揮します。

ビタミンAの効能:

ビタミンAの効能は皮膚や粘膜を健康に保つことが上げられます。
肌や髪の毛爪などを健康に保ち、夜盲症など目の健康に良い事は広く知られる所です。

また、抗酸化作用によって活性酸素を取り除きがんの予防や狭心症、心筋梗塞などの心臓病の予防にも良いとされています。


カロチノイドとは?

カロチノイドと言う言葉を聞いたことがあると思います。

カロチノイドとは植物由来の化合物で強力な抗酸化力を持っています。
代表的なものが、βーカロチン(にんじん・カボチャ・ブロッコリー)、α-カロチン(パーム油)、ルテイン(赤や黄色の色素成分)、リコピン(トマト・スイカ・柿の赤色色素)等

| ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。