ビタミンC

ビタミンCは壊血病を予防する為に発見された水溶性のビタミンです。

1970年代初頭にアメリカのポーリング博士が「ビタミンCは風邪予防に効果がある」と発表して脚光をあびました。

今では風邪予防だけでなく様々な効果が認められています。

特に女性にとって嬉しい効果で肌の健康を保つ働きやコラーゲンの生成を助ける働きが確認されています。

ビタミンCが不足するとコラーゲンの生成能力が落ち肌のハリが失われると言われています。

さらに、男性などタバコを吸われる方はタバコによってビタミンCが失われてしまいますから吸われない人の2〜3倍の量を摂取する必要があります。

ビタミンCは水溶性ビタミンで摂取後2〜3時間で排泄されてしまいますから毎日数回に分けて摂取する必要があります。

ビタミンCが不足すると細胞同士の結合が弱まる為血管や骨がもろくなったり肝臓の働きさえも弱くさせると言われます。

ですから、タバコを吸われる方だけでなくアルコール類を飲まれる方も多く摂取するべき栄養素です。

ビタミンCの働きは多岐にわたっており、肥満、動脈硬化、心臓病、がんなど生活習慣病等の予防にも効果を発揮します。

これらの働きをするビタミンCはタバコやアルコールの他ストレスや激しい運動、外食(偏食)インスタント食品などで失われるとも言われています。

正に現代人の生活そのものがビタミンCを失う要素満載と言った所です。

ビタミンCを多く含んでいる食材はレモン、キウイ、アセロラ、パセリ、ブロッコリー、緑茶などです。

これらの食材を多く摂るようにしてビタミンCが不足しないよう心掛けましょう。

| ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。