ビタミンE

ビタミンEはビタミンの中でも抗酸化作用が特に強いといわれています。

鉄にサビがつくように人間の身体でも同様のことが起きます。

身体の中で最も酸化(サビ)の危険があるのが生体膜や細胞を構成している不飽和脂肪酸が過酸化脂質になるのを押さえ、血中のコレステロールが酸化し血管壁を痛めて動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防する働きがあります。

また、ビタミンEは別名トコフェロールといわれていますが、これは子供を産ませるという意味でもあります。

この言葉からも解るようにビタミンEは妊娠を促進させるタンパク質を作る作用や生理など女性の不快症状を緩和する働きが認められています。

血液の流れをサラサラにするという働きは広く知られている所です。

新陳代謝を活発にして冷え性や肩こりにも良いとされています。

また、ビタミンA、ビタミンCとあわせて高い抗酸化作用を持つことでビタミンACE(エース)と呼ばれています。

ビタミンEは紅花油、ひまわり油、マーガリン、マヨネーズ、アーモンド、うなぎ、カボチャ等に多く含まれています。
| ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。