ビタミンB6

ビタミンB6は脂肪やタンパク質の代謝を促進します。

さらにB6は大脳の神経伝達物質と呼ばれる脳細胞の情報伝達に必要なアミノ酸の合成を助ける働きもあります。

免疫力を高める働きやアレルギーの予防や月経前症候群の軽減にも役立っています。

不足すると貧血、動脈硬化、湿疹、口内炎、舌炎や妊娠中毒症、つわりなどを引き起こす原因にも挙げられています。

ビタミンB6を多く含む食材は銀杏、にんにく、マグロ、かつお、いわし、鶏肉、海苔などが上げられます。
| ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。