ビタミンB12

ビタミンB12は赤血球の生成を助け貧血予防効果が主な働きです。

ビタミンB12は脂質、炭水化物、タンパク質が適切に使われるよう作用し、体の成長や活性化に欠かせない大切な役割をしています。

動脈硬化を進めるホモシステインを減少させたり集中力・記憶力を高めて精神を安定させるなどの効果もあります。

また、末梢神経のキズの回復を助け腰痛などの治療にも使われています。

生理前や生理中の女性にとってビタミンB12の造血作用や精神安定作用は特に有効とされています。

また、ビタミンB12や葉酸が不足することによって起きる貧血は鉄分不足の貧血とは区別され悪性貧血とされています。

ビタミンB12を多く含む食材は牛肉、鶏肉、アサリ、シジミ、筋子
アンコウのキモ、青海苔など。
| ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。