ビオチン

ビオチンはビタミンHとも呼ばれこちらの方がなじんだ名前かもしれません。

ビオチンは皮膚炎を治す目的から発見されたビタミンで最近はアトピー性皮膚炎の予防に効果があると注目されています。

ビオチンにはアトピー性皮膚炎の原因とされるヒスタミンの元となる物質を体外に排泄する働きがあるといわれています。

ビオチンは、ブドウ糖のリサイクル、脂肪酸の合成、アミノ酸の代謝に関わるカルボキシラーゼと呼ばれる酵素の機能を補助する補酵素として働きます。

ビオチンが不足すると疲労感や食欲不振をはじめ、湿疹が出たり髪が抜けたりといった症状が現れやすくなるといわれています。

ビオチンを多く含む食材は玉ねぎ、レバー、卵、チーズ、ピーナッツ、鮭、いわし、大豆、ヨーグルトなどです。
| ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。