カルシウム

体内にあるカルシウムの99パーセントが骨や歯の形成に使われ残りの1パーセントが血液や筋肉細胞膜などにあり心臓やさまざまな筋肉の収縮を助ける働きをします。

さらに脳や神経が円滑に働くようにしたり、血液を弱アルカリ性に保ち、血液の凝固に関与するなど生命の維持や活動に重要な役割をしています。

不足すると、心臓の正常な働きが妨げられ、血液循環に支障をきたし、興奮したり、イライラするなどの症状が出やすくなります。

カルシウムが不足すると自らカルシウムを破壊してその結果骨粗鬆症の原因にもなります。

骨粗鬆症は女性ホルモンの分泌と関連しており、特に閉経後の女性に多く見られます。

また、最近ではカルシウムが減量にも働き変えているという作用が注目されています。

カルシウムを多く含む食材は小魚、干しエビ、海藻類、乳製品、豆類などです。
| ミネラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。