マグネシウム

マグネシウムは骨の生成、筋肉の収縮、体温調整、たんぱく質の合成など人間の生命維持に欠かせない栄養素です。

マグネシウムが不足すると、細胞内のカルシウムが増え狭心症や心筋梗塞、脳卒中などを起こしやすくするといわれています。

野菜嫌いの人や慢性的な下痢、飲酒などでマグネシウムは不足がちになります。

その場合は摂取バランスがマグネシウム1に対してカルシウムが2ぐらいになるようにするのが理想的です。

マグネシウム投与によって 高血圧・動脈硬化・糖尿病などの症状が改善されることが解っています

マグネシウムを多く含む食材は玄米、ナッツ、ひじき、納豆、牡蠣、大豆などです。
| ミネラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。