リン

リンはカルシウムの次に多くリン酸カルシウムとして体内に存在し、骨や歯の主成分となります。

神経や筋肉にも作用し心臓や腎臓の機能に作用していますし、神経の伝達をスムーズにしています。

また、ナイアシンの吸収を助け疲労回復にも役立ちます。

リンは最近ではコンビに食や加工品などの添加物として使われる傾向がありますから、そのような食生活の人はむしろ過剰摂取に気をつけるようにしたほうが良いでしょう。

リンを多く含む食材は煮干、チーズ、胡麻、いわし、蕎麦などです。

過剰摂取気味な人はカルシウムの積極的な摂取を心掛けましょう。
| ミネラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。