セレン(セレニウム)

セレンはビタミンCやEと同様に抗酸化作用がありビタミンEの働きを助ける作用として注目されています。

セレンが不足すると抗酸化作用が少なくなり過酸化脂質が多くなり細胞の老化を促進します。

その結果、高脂血症、感染症、肝臓病、心臓病、がんなどを誘発する元となります。

と言う事はセレンを充分に摂取する事により細胞を若返らせ、動脈硬化、糖尿病、白内障を予防し肝臓や心臓の働きを良くしてくれる結果になります。

セレンを多く含む食材は小麦胚芽、チョコレート、胡麻、魚介類、海藻類などです。
| ミネラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。