銅は肝臓や脳に多く分布していて、赤血球に含まれるヘモグロビンと鉄を結びつける働きがあります。

貧血気味な方は鉄と共に銅の摂取を心掛けるとよいでしょう。

銅は抗酸化酵素を作る成分にもなっていて過酸化脂質の生成を抑え、心筋梗塞の予防にも有効です。

また、銅はコラーゲンやメラニン色素の生成に必要な酵素の構成成分にもなっています。

銅を含んだ食材は牛レバー、牡蠣、胡麻などです。
| ミネラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。