DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)

DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)はいわしなどいわゆる青魚に多く含まれている物質です。

両方とも分子構造が似ている為一緒に取り上げられますが、DHAは必須脂肪酸(必要不可欠)で脳、神経組織の発育などに不可欠な物質です。

一方EPAは多価不飽和脂肪酸で血液中の血小板を凝集させる物質の生成を抑え血液をサラサラにするという役目をしています。

いずれも低温時でも固まらず液体を保つ性質を持ち現代の高カロリー高脂肪の食生活において生活習慣病から身を守る栄養成分といわれています。

特に、DHAは子供の脳の発達に良いといわれてから注目されているようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。