コラーゲン

コラーゲンは皮膚や骨などに含まれるタンパク質で皮膚の細胞同士をつなぐ役目をしたり、骨、関節、歯、血管などのあらゆる結合組織を構成しています。

コラーゲンは体内で絶えず分解と再生を繰り返していますが、25歳位を境にその作用が低下したり、不足しがちになるといわれています。

そのため、皮膚の細胞同士を結び付けているコラーゲンが細くなって弾力がなくなってくることで皮膚のタルミやシワの原因になってきます。

さらに、目の角膜や水晶体にも含まれている成分なので不足し始めると目の疲れや目の渇きといった症状も出てきます。

コラーゲンを摂取する時は吸収率をよくするためにビタミンCや鉄分と一緒にとると良いといわれています。

コラーゲンを含む食材は鶏手羽先、フカヒレ、スペアリブ、豚骨スープなどです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。