ローヤルゼリー

ローヤルゼリー とは 蜂蜜や花粉を食べた働きバチが、自分の体内で作り出し分泌する 乳白色の液体です。

ローヤルゼリーは働きバチが花々から集めてきたミツを濃縮したハチミツとは全く異なり、 生命力と生殖能力の源となる高純度のタンパク質で必須アミノ酸とビタミンB群を含んでいます。

ローヤルゼリーの中には大切な成分が含まれています。

人間の神経伝達物質として重要な役割を担うアセチルコリンが大量に含まれ脳の活性化や血圧調整作用があり、10-ヒドロキシデセン酸はローヤルゼリーにのみ存在する物質で、生命中枢(性中枢)の活動を促進する作用を持つ唯一の物質と言われて更年期の症状を緩和させる作用があります。

さらに類パロチンは細胞を活性化する若返りの貴重なホルモンで、 筋肉、内臓、骨等の 組織の成長を促し老化防止に効果がある若さを保つのに重要な役割を果たしています。

ローヤルゼリーは少量で効果を発揮しますが、蜂蜜に溶かすとその作用が失われやすいので注意が必要です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。