アミノ酸

アミノ酸はタンパク質を構成する成分で20種類あります。

代表的なものにはグルタミン、アルギニン、グルタミン酸、アスパラギン酸、リジン、アラニン、プロリンなどが有ります。

カラダを構成している、数十万種類にも及ぶたんぱく質は、わずか20種類のアミノ酸のさまざまな組み合わせでつくられています。

20種類のアミノ酸のうち11種のアミノ酸は他のアミノ酸から体内で合成して不足を補うことができますが、残る9種類は食事から摂取することが不可欠です。

このように体内で合成できないものを必須アミノ酸、合成できるものを非必須アミノ酸とよんでいます。

アミノ酸が幾つもつながったものをペプチドといい、タンパク質とアミノ酸の中間の状態を言います。

アミノ酸は単体で取るよりペプチドの状態で摂取する方が効率的に吸収できるといわれています。

最近話題になっている大豆ペプチドは基礎代謝を高め疲労回復や脳機能の活性に効果があるといわれています。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。