ビタミンK

天然に存在するビタミンKには、緑黄色野菜・海藻類・緑茶・植物油などに含まれるビタミンK1と、腸内細菌によって合成されるビタミンK2の2種類があります。

ビタミンKはビタミンDやCと共に骨を丈夫にする働きがあると共に血液を凝固させる働きがあります。

怪我などで出血をした場合ビタミンKが不足していると大量出血になる事も考えられますので摂取が必要です。

特に、新生児は腸内環境が整っていなかったり、母乳の中のビタミンKが不足していたりして新生児出血症などを起こすことがありますので、授乳中のお母さんは赤ちゃんの分まで摂取するようにして下さい。

ビタミンKを多く含む食材は納豆、シソ、パセリ、小松菜、海苔、わかめなどです。
| ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。