乳酸菌

乳酸菌はビフィズス菌 , ヤクルト菌 , KW乳酸菌 , LG21 , 植物性乳酸菌 , コッカス菌 , L29乳酸菌 , L-92乳酸菌 , EF乳酸菌 , ETF-2001 , クレモリス菌など乳酸やブドウ糖を利用して増殖、分解して乳酸を作る細菌の総称です。

腸の中では100種100兆個もの大量の腸内細菌が食べ物のカスや老廃物などを発酵・腐敗させながら繁殖しています。

その中で身体に良い作用をする菌を「善玉菌」有害な作用を起こす大腸菌やブドウ球菌などを「悪玉菌」と呼びます。

乳酸菌は同じ善玉菌のビフィズス菌等を増やし、悪玉菌の増殖を押さえ腸内環境を整えて腸の機能アップに貢献します。

その結果便秘や下痢などの症状をなくし、腸内の免疫力を強めます。

なお、市販されているヨーグルトなどに「プロバイオティクス」と表記されていますが、これは腸内細菌のバランスを保ち腸内環境を整え有益な作用をもたらす生きた菌」という事です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。