ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは納豆以外の食品には含まれていません。

納豆菌で大豆を発酵させることにより生まれる酵素です。

ナットウキナーゼは血管の中にできる血栓を溶かす作用があり脳梗塞や心筋梗塞などの予防に効果があります。

病院などで血栓症の治療に使われるうろキナーゼという薬がありますが納豆1パックに含まれるナットウキナーゼはその効果と同等の効果があるといわれています。

またナットウキナーゼにはビタミンK2が多量に含まれているため骨も丈夫にして骨粗しょう症の予防にも役立ちます。

さらに、納豆に含まれる納豆菌は胃酸に解けずに腸にまで届くので善玉菌を活性化させ悪玉菌を減らす働きもあります。

その為、便秘の改善をはじめ腸の免疫力強化や発がん物質などの減少に効果を発揮します。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。