機能性成分

五大栄養素は炭水化物、たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンなどを指し、人間が生きていく上で絶対に欠かすことのできない成分です。

これに対し、生命の維持には必ずしも必要ではないけれど、健康維持や病気予防に役立つ成分が食物中に数多く存在することが最近大きく報じられるようになってきました。

食物繊維やファイトケミカルなどと呼ばれる成分がそれにあたり、これらを総称して「機能性成分」と呼んでいます。

近年注目されている成分のうち、特に野菜や果実、海藻など植物性の食物に含まれる化合物を「ファイトケミカル」と呼びます。

ファイトとは闘うという意味ではなく通常の身体機能維持には必要とされないが、病気を予防したり健康を維持するのに重要と考えられる植物による化合物を指す言葉です。

ファイトケミカルは、色素や香り、アクなどの成分で、最近はこの方面の研究が多くなされ、がん予防や動脈硬化予防などさまざまな効果が認められています。

中でも抗酸化作用(活性酸素の害から身体を守る作用)はほとんどのファイトケミカルがもつ働きであり、老化や生活習慣病を防いでくれます。

最近ではこの抗酸化力をアップさせると言うポリフェノールやフラボノイド、βカロテン等が人気でサプリメントなども多くでています。

食物繊維

食物繊維は人体の消化酵素で消化されにくい成分のことを言います。

栄養として身体に吸収されるものではないため、長く軽んじられてきましたが、生活習慣病の予防に大きな効果があることがわかり、身体に摂り入れられない成分ですが五大栄養素に続く六大栄養素として扱う場合もあります。

食物繊維は、腸内の有害物質やコレステロールなどの排出を助けたり、便通をよくしたりする働きがあります。

ほとんど消化吸収されないので、体を構成する成分やエネルギーにはなりません。

玄米などの穀類、いも、こんにゃく、野菜、果物、海藻類などに多く含まれています。

機能としては ブドウ糖の吸収速度を緩やかにするので、食後の血糖値の急激な上昇を防ぎインシュリンの分泌が無理なく行われ、糖尿病の予防、改善をする。

また、血中コレステロール値を正常にコントロールし、発ガン性物質などの腸管内の有害物質を排出する 。

さらに便をやわらかくし腸の働きを活発にし腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整える。

などが挙げられます。

| 食物繊維 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは納豆以外の食品には含まれていません。

納豆菌で大豆を発酵させることにより生まれる酵素です。

ナットウキナーゼは血管の中にできる血栓を溶かす作用があり脳梗塞や心筋梗塞などの予防に効果があります。

病院などで血栓症の治療に使われるうろキナーゼという薬がありますが納豆1パックに含まれるナットウキナーゼはその効果と同等の効果があるといわれています。

またナットウキナーゼにはビタミンK2が多量に含まれているため骨も丈夫にして骨粗しょう症の予防にも役立ちます。

さらに、納豆に含まれる納豆菌は胃酸に解けずに腸にまで届くので善玉菌を活性化させ悪玉菌を減らす働きもあります。

その為、便秘の改善をはじめ腸の免疫力強化や発がん物質などの減少に効果を発揮します。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。