アミノ酸

アミノ酸はタンパク質を構成する成分で20種類あります。

代表的なものにはグルタミン、アルギニン、グルタミン酸、アスパラギン酸、リジン、アラニン、プロリンなどが有ります。

カラダを構成している、数十万種類にも及ぶたんぱく質は、わずか20種類のアミノ酸のさまざまな組み合わせでつくられています。

20種類のアミノ酸のうち11種のアミノ酸は他のアミノ酸から体内で合成して不足を補うことができますが、残る9種類は食事から摂取することが不可欠です。

このように体内で合成できないものを必須アミノ酸、合成できるものを非必須アミノ酸とよんでいます。

アミノ酸が幾つもつながったものをペプチドといい、タンパク質とアミノ酸の中間の状態を言います。

アミノ酸は単体で取るよりペプチドの状態で摂取する方が効率的に吸収できるといわれています。

最近話題になっている大豆ペプチドは基礎代謝を高め疲労回復や脳機能の活性に効果があるといわれています。



プラセンタエキス

プラセンタとは赤ちゃんと母親をつなぐ「胎盤」の事でそこから抽出した物がプラセンタエキスです。

胎盤には、アミノ酸やミネラルなど赤ちゃんを育てる為に必要な栄養素が豊富に含まれています。

そこから抽出したエキスがプラセンタエキスで細胞の呼吸を活発にして新陳代謝を高めるため滋養強壮、疲労回復、血行促進などの働きがあります。

また、皮膚の血行を改善し老廃物の除去がスムーズになり真皮組織の機能が高まり、肌に張りやつやを与え肌の老化や肌荒れなどに効果を発揮します。

サメ軟骨

サメ軟骨は軟骨の周りにある物質で、カルシウムやリンをはじめ、良質のムコ多糖体(コンドロイチン)を豊富に含んでします。

コンドロイチンも年齢ととともに減少しています。

サメ軟骨のコンドロイチンは骨や関節などの結合組織にあり関節炎などの予防に効果を発揮します。

また、サメ軟骨には、血管新生抑制成分があり血管新生を抑え、ガンなど病気の進行を防いだり、各種免疫疾患の治療に役立つとして注目されています。

多く含まれる食材はフカヒレなどですが頻繁に食べるものではないのでサプリメントから摂取するようにしたい。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。